終わりの始まり

PH厚木店から閉め出されました。

私達のサークル(ノンアルコール)は、これまでポストホビー厚木店でガンダムウォーや
サンライズ・クルセイドの大会を運営してきましたが、今後はそれが出来なくなりました。

6月以降はM氏のグループが、PH厚木店のガンダムウォーの大会を運営します。

私は6月10日にPH厚木の店長から、直接話を聞きました。店長の主張は以下の通り。

元々、PH厚木店のガンダムウォーの大会はM氏が立ち上げた。店舗移転の際、M氏から
また大会を運営したいと申し出を受けていた。だから、その約束を守ることにした。

サンクルの大会はM氏は運営しない。しかし、ノンアルコールが大会を運営していたことに、
M氏は精神的な苦痛を受けた。だから、彼らには今後一切大会運営をさせないで欲しいと
M氏から要求された。その要求に従うことにした。

正直、この話を聞いたとき、怒りよりも呆れて力が抜けた。(^^;)

確かに最初に大会を立ち上げたのはM氏だが、あまりにも自己中心的で身勝手な運営に
他の主催者や参加者の顰蹙を買い、厚木の大会を一度潰したのは彼自身ではないか?

厚木の大会運営について、私達との対話を頑なに断り続け、店長に苦情の電話を執拗に
繰り返したのは彼ではないのか?M氏の主催した大会に私達のサークル関係者は参加
を断られ続けた。断られた理由は、自分が気に入らないから・・・。

はっきり言えば、店長は逃げたのだ。私達のサークルが大会を運営し続ける限り、M氏から
苦情の電話が続く。M氏に大会を運営させれば、M氏から苦情の電話は来なくなる・・・。
私達を切り捨てても、私達はM氏のような事はしない。そう考えたのだろう。

まあ、今更どう言っても仕方がない。別にPH厚木の大会に拘る必要なない。大会は一つ
では無いのだから、また別の案を考えれば良いのだ。

"終わりの始まり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント