迷探偵登場!?(5)

全てを疑う。それが基本だ。

常識はローカルルールに過ぎない。どんな時代、どんな場所でも通用するとは限らない。
それを過信すると痛い目に遭うことになる。勿論、いつも疑う必要は無い。常識を使うことで
思考をショートカットすることが出来るからだ。数学の公式に似ている。大きな違いは、常識
は変化するということだ。

状況を整理してみよう。今回の大きなポイントは3つある。

1.首無し死体が複数ある。
2.パスポートの出国日は2週間前。
3.死亡推定時刻は1ヶ月前。

矛盾するのは2と3だ。両方正しいと思うから、難解になるのだ。シンプルに考えればいい。
3が間違っているのだ。そう仮定すると、これまでの捜査過程で心に引っかかっていた事柄
のいくつかが説明出来る。なぜ彼はあの時そう言ったのか?なぜこの数値なのか?自分の
感じた違和感に納得出来る。

普通の人の思考には必ず流れがある。そこに淀みが生じると、反応に微妙な変化が生じる。
私は基本的に相手の反応を先読みする。だから、人から予想と異なる反応を得た時、それは
違和感として記憶される。

死亡推定時刻をいじれる人間は限られている。後は、一人一人その人間の思考をトレース
すればいい。何が起きたのかでは無く、なぜそう考えたのかをシミュレーションするのだ。
そこから、発生した事態を推定していく。

さあ、狩りの始まりだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック